雨漏り修理後の点検とメンテナンスが資産価値を守ります

修理が完了した後の住宅管理が大切

点検のタイミング

雨漏り修理をしたからといって、ずっと雨漏りを防げる訳ではありません。その後の過ごし方が原因で、被害が再発して資産価値が低下してしまいます。ここでは、定期的なメンテナンスを行なうタイミングを紹介しますから、参考にして価値を下げないようにしましょう。

1年と5年
雨漏り修理後の調査は、自分で1年毎に行なうのと業者に5年毎に依頼したほうがいいです。修理業者の保証はほとんどが5年ですから、5年を目安に点検とメンテナンスを依頼しましょう。自分で調査を行なうのは、被害が起きてからでは遅いからです。雨水が室内に入り込むということは、すでに悪化している状態なので注意してください。
災害発生後
台風や大雪などに見舞われた場合は、屋根がダメージを受けてしまい雨漏りが起こる可能性があります。屋根が壊れる、瓦が落ちるなどの被害がなくても屋根の点検をしましょう。火災保険では、台風や大雪による雨漏りは補償の対象になります。ですから、火災保険に加入している人は、業者に点検してもらい保険を利用できるか相談してみてください。

怪我の心配がない!おすすめの自主点検方法

屋根に登って雨漏り調査を行なうのは、業者でないと転落する可能性があります。屋根に登らずに調査する場合は、梯子を使用して調査を行ないましょう。梯子を固定して動かないようにすれば、落下することなく調査ができます。また、2階建ての家の場合は、2階の窓から1階の屋根を点検が可能です。屋根の外側だけでなく、点検口から屋根裏に入り込んで調査する方法もあります。屋根裏の梁や桁の上を踏むようにしないと、天井裏が壊れて資産価値が低下するので気をつけてください。雨水による染みがあった場合、その周辺から雨漏りが発生しています。

TOPボタン