住宅瑕疵担保責任保険を活用して賢く雨漏り修理

利用者に嬉しい保険

10年以内に建築された住宅ならば、住宅瑕疵担保責任保険を利用して雨漏り修理ができます。この保険を使うことで次のようなメリットがあります。

修理費の削減
住宅を建築した業者は、入居者が10年間は雨漏り被害を受けないために生活を保障しないといけません。そのため、期間内に雨漏りが起きた場合は入居者が負担した費用に対し、建築業者は保険金を支払ってくれます。
業者が倒産しても大丈夫
建築業者が倒産した場合も、住宅瑕疵担責任保険は利用できます。保険会社から入居者に補修費用が支払われますから、入居者の負担はないです。また、入居者と建築業者との間に問題が起きても、保険会社の問題処理を行なう機関が対処してくれます。

保険を利用する注意点

雨漏り修理にかかる費用は負担してもらえますが、保険は最初の修理だけに適用されます。そのため、修理後に雨漏りが再発しても保険を利用できません。再発すると自分で負担することになったり、資産価値が低下したりするのです。高額の修理でも、保険を利用できますから確実に再発しないような雨漏り修理が重要となります。

質の良い雨漏り調査は質の良い業者選びから

雨漏り修理を依頼する業者を選ぶ際は、修理と雨漏り箇所の特定に関する知識が豊富な業者を選ぶことが重要になります。どこから雨漏りしているか判断できなければ、その箇所を見逃してしまうので意味がないです。知識に関しては、見積もりの時にいろいろな質問をしてそれに答えられるかで選びましょう。また、修理の技術に関しては判断が難しいです。自分で判断できない場合は、実際に修理を依頼した人の口コミを参考にしましょう。口コミで修理後に再発していないという人がいれば、その業者は信頼できます。

TOPボタン